TOPICS

  • 15,000円のオールインワン人気お座敷遊び入門コース
  • 晴れの日のおきゃく和婚
  • 料金プラン
  • ご予約の手引
  • 濱長Facebook
  • 私たちはピンクリボン運動に取り組んでいます。

実佐子の日記

三代目女将・濱口実佐子

南国土佐は、美味しいお酒とたくさんの食材に恵まれたところ。そして、「人の心があったかい」と言われます。
酒・食・心。この三つが土佐の宝だと思っております。私の祖父母が一代で築いた、この料亭濱長の宝も酒・食・心。
そもそも、祖父が酒屋に勤めていなかったら、お店をすることはなかったでしょう。祖母が作ったおでんの出汁があったから、料亭に発展したのでしょう。祖父と祖母が大切にしてきた人と人との繋がりと情。
この3つは、濱長の三種の神器。
日本の、土佐の…先人達が培ってきた財産は文化。その根底を正しく受け継ぎ、時の流れとともに歩むことができるよう紡いでいきたいと思っております。
常に宝を磨き、輝きを失わないように。常に、今を喜んでいただけるように。
進化しつづける料亭でありたいと思っております。

濱長女将・濱口実佐子プロフィール

1964年(昭和39年)1月8日 高知市生まれ。
幼少時、実の母親と離れての生活を経験した後、
10歳の頃、再び母親のもとで暮らすこととなる。
母から注がれる愛情と、
祖父母が営む老舗料亭「濱長」の「和の心」を重んじるという環境に囲まれて成長。
高校卒業後、美容室に勤務。
最年少で店販(商品販売)売上げトップの成績を上げる。
その後、濱長を母と共に手伝う中で、サービス業の楽しみを覚え
人を喜ばせることが自身の使命ではないかと感じる。
2006年(平成18年)時代のあおりを受け暖簾を下ろしていた
濱長の土地売却の話が冬に持ち上がる。
2007年(平成19年)奔走の末、11月。祖母・千代子を大女将、母・賀世を女将、自らが若女将となり、土佐のお座敷遊び・芸妓がもてなす「料亭濱長」として営業再開を果たす。
2009年(平成21年)、祖父・八郎が立ち上げに情熱をかけた高知最大の夏祭り「よさこい祭り」に「濱長・花神楽」としてチーム出場し、翌年全国大会にて武政英策賞を受賞。
2012年(平成24年)に高知県からの依頼により、台湾ランタンフェスティバルにて初の海外演舞。
同年3月、女将襲名。
2013年(平成25年)9月3日、高知県観光特使として認証を受ける。


「ALS:筋萎縮性側索硬化症」を支援 参加致しました


女将・濱口実佐子より 

今話題のアイスバケツチャレンジは、筋肉の委縮や筋力の低下を来す大変重篤な難病疾患「ALS:筋萎縮性側索硬化症」を支援するためのキャンペーンです。
いろいろと賛否のお考えも有るということは承知していますが、このキャンペーンで寄付金が大幅に増え、
皆様の認知度も高まっていることも事実です。
私・濱口実佐子、東京原宿元気祭りスーパーよさこいからの、東京出張中に、高知県観光振興課部長の久保博道様よりご指名いただきました。
24時間以内に寄付か氷水を被るか選んで実行しなければならないルールということですが、
私でよければ喜んで!…と趣旨を理解・賛同しましたので、
まず、25日に寄付をさせていただきました。
アイスバケットチャレンジのパフォーマンスは、
27日夕方・高知市唐人町 料亭濱長玄関前にて
私らしく被らさせていただきました。

少しでも、皆様に「ALS:筋萎縮性側索硬化症」を知ってもらえる機会となれば
幸いでございます。

濱口実佐子からの指名は次の御仁でございます

お一人目は、デハラユキノリさん。
高知県出身のフィギュアイラストレーターさんです。世界で活躍されている方です。

お二人目は、私の弟のような存在であります、高知県出身のギターデュオ・いちむじんの山下俊輔さん。先日TUBEさんのライブにも出演したり、今度は全米ツアーにもチャレンジするなど、幅広い活躍&プライベートも愛にあふれている方です。

そして、三人目は、「問題ない、問題ない、オ〜イエ〜!」で知る人ぞ知る!?私の良き理解者であり心の友であります「ま〜ちん」こと浜田章夫さん。

どうかバトンを宜しくお願いします。