TOPICS

  • 15,000円のオールインワン人気お座敷遊び入門コース
  • 晴れの日のおきゃく和婚
  • 料金プラン
  • ご予約の手引
  • パンフレットデータDL
  • 濱長Facebook
  • 女将濱口実佐子Facebook
  • 若女将・篠原瞳Facebook
  • 芸姑・琴魚Facebook
  • 芸姑・かつをFacebook
  • 濱長ブログ
  • 私たちはピンクリボン運動に取り組んでいます。

企業情報など

採用情報

料亭濱長で一緒に働きませんか?
芸妓・舞妓をはじめ、和食のプロの極み・厨房の調理師、おもてなしのプロ・仲居、
お客様のお席をコーディネートする帳場(フロント)など、
「濱長という空間で自分を活かしてみたい!」という方、まずはお問い合わせください。



【帳場 募集】

帳場、と書いて「ちょうば」と読みます。古くから日本に伝わる言葉で、皆さんの馴染み深い言葉に置き換えるとホテルのフロントのような部署です。お客さまにとって最初に窓口となるのが帳場です。帳場の仕事をひと言で表すなら、お客さまへの徹底的な配慮です。


たとえば、高知なまりではないイントネーションで、4名様ほどの少人数の予約をいただき、「予算はどのくらいでしょう?」と尋ねられた際の対応です。濱長には「お一人様5、400円で飲み放題込みのビアプラン」から「お一人様16、200円でお座敷遊びまでセットになったコース」までさまざまです。そこで、お客さまがなぜ濱長を利用するのかを、帳場はお客さまに気持ちよく答えていただけるように上手に質問をします。「高知県外からのご予約のようですが、ひょっと会社のお接待かなにかでしょうか?」と選択肢の1つを出してみます。それが正解なら「大切なお席に濱長を選んでいただきありがとうございます。一生懸命お手伝いいたします!」とお声掛けをすると、お客さまも気持ち良くいろいろなお話をしてくださいます。もし違っていても「いや、大学時代の友達との同窓会なんです。」など、何か答えが返ってきます。この場合も「楽しそうですね!精一杯盛り上げさせていただきます。」と気持ちを伝えると話に花が咲きます。お接待なら、お料理のクオリティを考えた料金プラン、ご友人同士なら気軽にご利用できるプラン、ご夫婦なら、お料理の比重が高いプランなど、お客さまにぴったりの提案をすることができます。どれだけお客さまのことを理解しているかどうかが、お席づくり、お料理、サービスの良し悪しが決まりますので聞き上手に徹することが重要です。
その内容を忠実に厨房・フロア・仲居・芸妓など、各部署に伝達・指示し、実際に指示通りできているかを確認・調整していくのも帳場です。帳場の采配が、お客さまの喜びのカギを握っています。体で言うと、脳にあたる存在、濱長の扇の要です。

帳場のお仕事

◆予約受付 ~すべてはここから
お客さまからの予約は電話・来店、最近はメールやフェイスブックなどインターネットからの予約やも増えました。お客さまが気持ちよく予定されているお席のことをお話できるような心遣いが大切です。予約受付から私たちのおもてなしはすでに始まっています。


◆スタッフへ情報共有 ~万事徹底
お客さまの意向を、正しく各担当に伝えます。人数・料金プランなどは当然のこと。帳場が知り得る情報をしっかりと伝えます。お連れ様の中にお誕生日の方がいらっしゃることを伝える~芸妓が誕生日を祝う歌をさりげなく歌う…など、小さな気遣いが大きな喜びに繋がります。

◆スタッフへ指示・調整・補佐
営業時間中、各スタッフはそれぞれが”今”その時目の前に居るお客さまのためだけにもてなす気持ちで仕事をしています。その分帳場は冷静・的確に、スタッフに「○○さん、2Fが忙しくなったのでお席を移動してください。」など店内全体に気を配る指示をします。さらに繁忙時は自ら各持ち場を手伝うことも。デキる帳場は、お客さまから全信頼を受けることはもちろん、スタッフからも頼りにされます。

募集要項

和食に限らず経験者歓迎します

*正社員
●社員登用総支給額150000円~
●加入保険各種あり
●学歴・資格不問(県外出身者も大歓迎)
●休日月6日
●勤務時間9:00~23:00の間の3交代制
●パート・アルバイト週2~6回(希望により相談)

応募方法
まず、お電話でお申し込みください。
面接日を決定し、面接いたします。
その際には顔写真を添付した履歴書をご持参ください。

県外からのUターン・Iターンも大歓迎いたします。お気軽にご相談ください。



【調理人 募集】

さまざま食材を出汁・調味料・薬味を駆使して味つけ、季節の趣きを醸し出す盛りつけであしらった伝統的な日本料理の基本をまず大切にしています。そのことを踏まえた上で、新鮮な素材の持ち味を最大限に活かし、たれやソースで楽しむスタイルや、イタリアンやフレンチそして中華などの料理法も柔軟に取り入れて今風の日本料理へ進化させることにも熱心です。これが濱長の料亭料理。

素材選びから下ごしらえ、調理、盛り付けまで全てが真剣勝負です。特に人の口に入るものですから、鮮度に関しては最新の注意を払います。また、アレルギーのあるお客さまへの配慮も大切です。大豆アレルギーや甲殻類(海老や蟹など)アレルギーの方など制限が多い方も最近は増えていますが、限られた中でもお客さまに喜んでいただきたいと、野菜を蒸して美味しい塩で召し上がっていただくなど、なにか手立てはないかと考えます。
とにかくお客さまに喜んでいただきたい。「ああ、変わらない味だな。」と「こんな美味しいもの、初めて!」の両方あってこそお客さまに満足していただけます。そのために日々努力を惜しまないのが料理人。
勤めるというより、職人になる、という表現が合う厳しい世界ですが、身についた技術は一生モノの財産です。
そして人間にとって絶対に必要な「食」で喜んでいただける、その要の存在になれるのは本当に素晴らしいことです。
2013年、和食はユネスコ無形文化遺産に登録されました。日本人の伝統的な食文化が、人類の無形文化遺産を代表するものの一つとして世界的に認められています。料理人はその和食に携わる中心的存在、世界に通用する仕事です。
料亭料理の基本スタイルである会席料理はもちろん、土佐の郷土料理「皿鉢料理」など、
ぜひ、あなたの腕で作りませんか。

調理人のお仕事

◆素材の仕入れ ~鮮度が命
日本料理に欠かせないのは季節感。上質な旬の素材を入手するために、専門の卸業者や生産者の方と交渉をします。品種改良の盛んな野菜など話題の新品種情報や、漁が天候などで左右される魚介類を確実に確保するためにもさまざまなアンテナを張ることが大切。

◆献立構成 ~お客さまの顔を思い浮かべて
主に料理長の仕事です。入荷する素材、季節感、今の流行りなどに配慮をしながら献立を考えます。そして大切なのは「どんなお席か」。婚礼や還暦などお祝いのお席なら海老・蟹などのおめでたい食材は必須。また、県外からのお客さまをおもてなしするお席では、鰹のたたきは欠かせません!

◆仕込み~調理~盛り付け
複数の調理人で役割分担をし、1つの料理を仕上げます。全員が全体像を把握し、自分の役割をしっかりと意識し責任を持って務めます。料理長の指揮に従いながらの真剣勝負。営業時間中はゲキが飛び交う毎日ですが、これもお客さまのことを思うがゆえ。終わっての休憩時間は和やかに。

◆お客様へご挨拶~感想をうかがい、次回はさらにお客様好みに
ご来店くださったご縁を大切にし、さらに次も「もっと」喜んでいただけるようにするのが料亭のもてなし。「お味はどうですか?」とご挨拶に伺うことは、お客様のためはもちろん、料理のプロとして腕を磨くために大切なこと。食通のお客様もいらっしゃるので、新しい情報を収集することもできるチャンスです。

募集要項

和食に限らず経験者歓迎します

●給料能力のより要相談
●加入保険各種あり
●学歴・資格不問(県外出身者も大歓迎)
●休日月6日
●勤務時間シフト制
●パート・アルバイト週2~6回(希望により相談)

応募方法
まず、お電話でお申し込みください。
面接日を決定し、面接いたします。
その際には顔写真を添付した履歴書をご持参ください。

県外からのUターン・Iターンも大歓迎いたします。お気軽にご相談ください。



【芸妓・舞妓 募集】(県外出身者も大歓迎)

舞妓や芸妓になりたい!でも、何年も修行をしないと無理?とあきらめていませんか?濱長流・土佐芸妓の修行は「仕事をしながら・収入を得ながら」が基本です。今活躍している芸妓たちも、最初は足袋さえ自分ではけなかったんですよ。


毎日の仕事の中で和式の行儀作法や和食の知識、お客さまとの接し方を学びます。仕事着は着物ですので着付けも自然に身についてきます。あとは「芸妓=芸で身を立てる」の銘に恥じないよう、日本舞踊・三味線・お茶・書道など、専門の先生方の門下生となります。
「芸妓になって、濱長の舞台で舞を披露するぞ!」という目標に向かっての努力は厳しくも楽しいものです。お稽古事でも腕が上がると名取を襲名され、さらには師範の資格をいただいて、自分でお教室を開くこともできるようになります。自分次第で身に着けたものすべてが仕事に役立つ…つまり人のお役に立てるの素敵な仕事です。

東京オリンピック開催に向けて、世界で日本のおもてなし文化が注目を浴びています。芸妓や舞妓はその中心的な役割です。伝統的な日本髪、染めや刺繍などを施した和服を装った、日本の美を集約したビジュアル。四季の移ろいや景色を唄や踊りなどの技術で表現。そして宴の席では郷土のお座敷遊びで盛り上げること。濱長の芸妓・舞妓たちも観光PRのために高知県知事や高知市長と同じ催しに参加したり、テレビタレントの方と番組をご一緒したりする機会が年々増えています。まさに「土佐国の外交官」です。
さらには次世代へ日本の良き伝統文化をつなげようと、夏休みの子ども向けイベントや高校の授業で講師となり、浴衣の着付け、よさこい踊りをレクチャーしています。
高知県外出身者でも大丈夫!土佐弁は私が教えちゃおきに(笑)。和の文化に興味があり、人との出会いを大切にするあなた、ぜひチャレンジしてください。お待ちしています。

芸妓・舞妓のお仕事

◆舞の披露
「芸」は「修練で身につけた特別の技能・技術」「妓」の文字は、「音曲・歌舞などでおもてなしをする女性」を表しています。舞でお客さまをもてなすことは、土佐芸妓の使命です。

◆宴席でのお接待
料亭を訪れるお客さまのお席でのおもてなし。商談や、お祝い事などお客さまにとって大切なお席も多く、何気ない配慮が商談成立のカギとなり、喜んでいただくことも。

◆土佐の伝統文化伝承
「よさこい節」や「しばてん」などの土佐民謡から「べく盃」「はし拳」などの土佐の伝統お座敷遊びで、宴席を盛り上げます。また、さまざまなイベントで日本の伝統文化に触れ合っていただける機会を作っています。

◆観光PR
高知県知事や高知市長と同じ催しに参加したり、テレビタレントの方と番組をご一緒したり。大変やりがいのあるお仕事であり、いろいろな出会いに恵まれます。「土佐国の外交官」だと思って頑張っています。

募集要項

見習い期間中は、お運び・仲居(フロアスタッフ)としての採用となります。(個人のがんばりにもよりますが、平均2~3ヶ月で芸妓としてのお仕事が可能になります)

*正社員
●社員登用総支給額150000円~
●加入保険各種あり
●学歴・資格不問(県外出身者も大歓迎)
●休日月6日
●勤務時間15:00~23:00の間の2交代制
●日給制度あり・1日6000円
●勤務時間15:00~23:00(基本時間帯)
●休日月4~6日

*お稽古について
弊社の業務に沿うお稽古が可能な各種流派の教室をご紹介させて
いただきますので、経験がまったくなくてもご安心ください。

応募方法
まず、お電話でお申し込みください。
面接日を決定し、面接いたします。
その際には顔写真を添付した履歴書をご持参ください。

県外からのUターン・Iターンも大歓迎いたします。お気軽にご相談ください。



【よさこい事業部スタッフ】

戦後の荒廃した市民生活が落ち着きを見せ始めた昭和29年8月。不況を吹き飛ばし、
市民の健康と繁栄を祈願、夏枯れの商店街振興を促すため高知商工会議所が中心となり、よさこい祭りが開催されました。その立ち上げメンバーの末席に濱長初代店主・濱口八郎の名前がありました。時を経て、平成22年。「日本全国に誇れる祭りが高知にできたら、高知に日本全国から人が訪れて、高知が元気になる!」という祖父の思いを温め、絶やさぬようにと、
立ち上げたのが「濱長・花神楽」です。60年以上の歴史を紡いだよさこい祭りは、今や高知観光の目玉。常日頃土佐の伝統文化でお客様をおもてなししている料亭が母体である濱長の「看板を背負って」祭りに参加させていただいています。


夏の本祭はもちろんのこと、年間通じて「よさこい」と名のつくイベントや県外のよさこい、また民間企業様や各種団体様が主催する懇親会などで演舞の依頼があれば、できる限りお応えするようにしています。濱長の店内でも、ツアー旅行のお客様向けに、お食事とよさこい演舞のセットプランを用意しています。高知県観光特使・料亭濱長女将 濱口実佐子としても、よさこい祭りに関わることは、
観光特使の使命をしっかりと果たしたい、高知の企業であるからには、地元の皆様のお役に立つことは「社会的責任」を果たすべきだというスタンスです。
そのため、濱長よさこい事業部を設け、どんな少人数の踊り子派遣依頼でも、感動していただける演出をする体制を整えています。踊り子さんのスケジュール調整、衣裳の寒露、演出の打ち合わせなど忙しく、充実した毎日となります。
あなたの「よさこいが好き」という気持ちが仕事として高知のために役に立てる価
値あるものに「進化」します。一緒に高知を、そして日本を盛り上げましょう。
今年は花神楽の妹チーム「夢神楽」を立ち上げます。ますますあなたの力が必要です!

よさこい事業部スタッフのお仕事

◆踊り子の管理・手配
本祭に向けての募集~踊り子の名簿管理、遠征・演舞依頼がある場合の踊り子集めなど、たくさんある仕事内容の中で一番苦労をする場面です。踊り子との信頼関係が大切になる業務です。

◆演舞依頼の対応・PR
演舞依頼者との打ち合わせと、内容の伝達、演舞時の引率を行います。また、こちらから出張演舞のPR も積極的に働きかけます。

◆衣裳や備品の管理
本祭のみ参加の踊り子の衣裳を引き上げさせていただいて管理をしています。また「さらし」や「カサ」「ちょうちん」なども補修・補充をする必要がありますので、その管理も行います。練習用音響や名札…大きなものから小さなものまで、必要な時にサッと出せるのが理想ですね。

◆ボランティアスタッフとの連携
よさこいは、たくさんの裏方さんの手助けがあってこそ成り立ちます。濱長も本番では20人ほどの方々がお手伝いしてくださっています。チームに関する全てのことについての情報共有の要となることが大切です。

募集要項
*募集職種よさこい事業部スタッフ
*正社員・パート
●基本給150000円~・パート時給800円
●加入保険各種あり(正社員)
●学歴・資格不問
●休日月4~6日
●勤務時間通常9:00~18:00(演舞日・練習時は変則)

応募方法
まず、お電話でお申し込みください。
面接日を決定し、面接いたします。
その際には顔写真を添付した履歴書をご持参ください。